ねぎの匂い

だらだら書くよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

地震発生から振り返る~その3

連絡を待っていると、何件かまとめて
ドカっとメールが来ました
その中に旦那の人からのメールが

とりあえず、現場から出る事ができたので
歩いてかえります

とのこと
送信時間はお昼くらいだった

歩いてか・・・
火力発電所から自宅まで35kmか
何時間かかるかなぁ
ざっと見積もっても5時間以上かかりそう
お昼にメール送信してから出発したとして
多く見積もっても帰ってくるのは
19時かそこらかな・・・

今、グーグルマップで調べたら
こんなんだった

大きな地図で見る

A旦那の人地点
Bわたしの地点



うん、凄い距離
とりあえずお友達に旦那が帰れる事に
なった事を伝えた
何時になるかわからないけど
帰ってくるみたいって言っておいた

遅いお昼を食べながら
そんな話をしていて
娘さんも疲れたのかウトウトしてきてました
私たちも少し休もうかぁ
なーんて話してると
お友達の妹さんが凄い形相で
戻ってきた
少し前に、私もガソリン並んでくるーって
出かけたとこだったのに

どうした?って聞いたら
旦那の人さん帰ってきてるよ!!!

え?まさかー(笑)
まだまだ帰ってこれないよ~
なんつって、お友達と笑いながら外に出ると
ドロドロになった作業服を着た男性と
見慣れた格好をした男が
私の車の前に立っていた

ちょっとビックリしたけど
その人は間違いなく
旦那の人とその親方

一番最初に声を発したのは
娘さんだった
でっかい声で
「とうちゃーーーん」
何回も言ってた

それ聞いてちょっとウルウルしてしまった
お友達の妹さんは泣いてた

なんで?どうやってこんなに早く着いた?

事情を聞くと
作業服で歩いているとき
現場のヘルメットに会社名が書いてあるのを
同じ現場の別の会社の人が見つけてくれた
その人は丁度車で館腰辺りに行く途中なので
ほんの少しだけど乗せてあげると言われ
お言葉に甘えて乗せてもらったらしい

その後は
山元町あたりまでまた歩いて
途中のコンビニで少し買い物をして
また歩いていると
同じようなドライバーさんに遭遇し
無事に自宅近くまで乗せてもらえたらしい

うぉー奇跡だー

ま、このときは親方さんを自宅まで
送らないといけなかったので
徒歩とヒッチハイクとしか
聞いてなくて、あまり詳しくは判らなかった

親方さんを送りに行った旦那の人
すぐ食べられるものを与えて
といっても、惣菜パンと食パンしか無かったから
それを2人に差し出した
親方さんを送る車で2人は、むさぼり食ったらしい

後で聞いたら
火力発電所内に非難した作業員は1300名近くいて
その他にも同施設内の公園に遊びに来ていた
保育園の園児や保母さんなど
さまざまな人が非難して無事だったようです
園児や保母さんなどには
備蓄していたお菓子や飲み物が配られたそうですが
旦那の人ら作業員は缶コーヒー1本だけだったそうで
次の日の10時くらいに自衛隊が到着し
やっと作業員にも携帯食料が配られていたようです

1時間ほどで親方さんを送り届けて
帰宅した旦那の人
ほんと、無事に帰ってこれて
良かった良かった!

その日の夜から2日ほど
お友達の家にお世話になり
その後は自宅へ帰って
家の中の片付け

リビングのテレビをTV台からおろして
パソコンデスクの上に乗っている
プリンターを下に下ろす
とりあえず高いところにあるものを
すべて下ろして
リビングに布団を移動
生活のすべてをそこで過ごす事にしました
残り少ない灯油はなるべく使わないように
電気はまだ来て無いので
ろうそくの明かりでトイレに入りました

自宅に戻った事を近所の人に伝えると
どこから聞いたわけでもなく
次々に知り合いが尋ねてきました

その中の1人のお友達が
線路を挟んで向こう側の地域は電気が来た
という話を聞きました
これはそろそろこっちの地域にもくるかなぁと
なんとなく旦那の人が
ブレーカーを上げると換気扇が回り始めました
*急にブレーカーを上げる行為は絶対に
 真似してはダメです!危険です!

すぐにテレビをつけると、上のようなテロップが出ていました
怖くなったので焦げ臭くないか
どこからか煙は出ていないか確認
ん、大丈夫そうだった
あぶないあぶない・・・

自宅に戻って3時間程度で
電気が復旧してくれたので良かった
あとは自宅のガスもプロパンだったので
旦那の人に見てもらって
ガスも使えるようになったので
とりあえず生活できる感じになりました

何度か残り少ないガソリンで
水を汲みに行ったり
水

2時間並んで買い物したり
少し不便ですが
なんとか頑張れて居ます!

オムツ


現在も断水が続いています
昨日一瞬水が出たのですが
丁度外出していたのでその瞬間はわかりませんでした

昨日は親方さんのご好意に甘えて
11日ぶりにお風呂に入れました
久しぶりにサッパリしたー!

親方さんの居る地域はこちらより先に
水が開通していたようです
少しだけお洗濯もさせてもらえて
本当に助かりました!


県内の被災者は
みんな復興に向け動き出しています
この事を風化させないよう
わたしも出来る事から始めたいと思っています

たくさんのメールや電話
応援のお言葉、本当にありがとうございます!
スポンサーサイト

別窓 | 日記 | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<最近の様子 | ねぎの匂い | 地震発生当時から振り返る~その2>>

この記事のコメント

旦那さんも、がんばって助け合って帰ってきたんですね。

保育園児や保育士さんに食べ物配って、自分は缶コーヒーだけ…
男だなぁ。

で、ドロドロヨレヨレになっても、助け合いながら帰ってきて。

娘さんも小さいながらにガマンしてたんですね。

やっぱり家族三人がそろっていることが一番なんですね。

水が不安定なのは大変なことですが、もうひとふんばり。

2011-03-23 Wed 12:45 | URL | Gulliver #-[ 内容変更] | top↑
二人が離れ離れって聞いてずっと心配だったが、予想より早く会えていたので良かった!!
こういう時の助け合いって普段以上にうれしいよね。
この災害は世界的にも脅威レベル・・。私たちみたいに遠くても他人事じゃありません。まして、子供を持った今、小さな命が失われていったり、生き残っても不自由な生活を強いられているのを見聞きすると胸が痛んでなりません。
自分にできるのはとにかく誤った情報に踊らされずに冷静に判断、前線の救助活動の妨げにならないよう勤めること。省エネ、献血くらい(´・ω・`)
想像以上の地獄の世界で頑張る人らに、頑張れなんていえない・・けど、あとちょっと頑張ってくれ!
もう頑張らなくていいんだよーと早く言えるように、日本だけでなく世界の人が支援の手を差し出してくれているから・・。
2011-03-23 Wed 15:33 | URL | 初羅 #7RorUgFk[ 内容変更] | top↑
大変だったのね(´;ω;`)読んでて泣きそうになりました。

ほんとにほんとうに皆無事でよかった☆

こんな感動的なエピソード…夫婦の絆、親子の絆が深まるねぇ(´∀`*)
2011-03-23 Wed 21:16 | URL | しのビ #-[ 内容変更] | top↑
>>Gullinerさん
色々な人に助けられて帰ってきたみたいです
本当にありがたい(´;ω;`)
施設内では作業員に食べ物が配られる事は
終始なかったそうです
ちょっと情報がおかしくなってしまいました
次の日の自衛隊からの支援も
作業員さんには無かったそです・・・涙




>>そら
沢山の物資本当にありがとう!
めっさ助かったよ!
肌着なども綺麗に仕分けしてくれて
感動したっちゅーの(;∀;)
お届け先の兄家族もとても
喜んでいたよ!ありがとう!!


>>しのビさん
お互い無事でよかったね!
あんまり連絡取れなかったから
震災当時はすごく心配でした・・・

まだまだ大変だけど
お互いに頑張ろうぜ(`・ω・´)
2011-03-31 Thu 23:55 | URL | ねぎこ #DhwzHRoQ[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ねぎの匂い |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。