ねぎの匂い

だらだら書くよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

帰りの道路で

宿を出てすぐくらいは、さほど雪も降ってなくて
てか、みぞれっていうのかな?
んでも天気もそんなに悪くないし、帰りは近くにインターまで
野郎チームとおなごチームで車に乗り込み、いざ出発。

おなごチームの運転手は友人で、なんとまだ若葉マークです。
んでも、行きも運転してきた様だしだいぶ車の運転にも慣れてきてた
みたいだしね。雪も殆ど無かったから、このままインターまで
お願いしていました。

ところがどっこい、先に進めば進むほど凄い雪!!
最初は色々会話しながら行ってたのに、雪が凄くなればなるほど
会話が無くなる。ん、明らかに彼女はテンパってた(;^ω^)
聞けば、雪道はほぼ初運転で、こんなにモッサリ雪が降った後の
道路は初めて運転するらしい。
しかも、道幅もそんなに大きくない道路で
なのにトラックやら大型車なんかがビュンビュン通るとこ。
怖いに決まってるわな('A`)b

私は免許を取った時期がめっさ大雪の時だったんで
そんなに怖いなあ~、とか無かったけど、
流石に自分で運転している訳じゃないからね。正直怖いディス(T∀T)
途中で変わってあげたかったけれど、止まれるような所も無いし
雪道運転しなかったら感覚もわからないし、
とりあえず大きく開いてるとこまで頑張って貰いました。

トンネル手前で、おなごチーム後ろは大渋滞になってしまいました。
それを察したのか、野郎チームはさっさとトンネル抜けへ。
うぉい・・・おいてくのかよぅ(´;ω;`)

この状況でどうすることも出来ず、そのままゆっくり運転してもらって
出口のところに少し広がってるところがあったんで
そこで野郎チームの車が待ってくれていました。えがったぁ。

ここでおんちゃんと友人が運転交代。
この雪じゃぁ、いくら初雪運転でもキツイだろうって。
そこからは私も野郎チーム、てか自分の車へ移動して
インターまでは同じ道路使って帰りました。

高速乗ったら、即寝る準備ヽ(゚∀。)ノ
ほんと、無関心なヤツですんませんです。んでも眠気には敵わないんでね。


暫く行ってなんだか車内が騒がしい。
前で二人が爆笑してるし、どうしたのか聞いたらウケタwwwwwww

前を走っていた車が、雪道なのに凄いスピードで走って行って
ガンガン追い越しとかしてたみたいでね。
もちろん自分らの車も追い越されたみたいで。
その車、かなり急いでたのかな?
凄い勢いで蔵王のパーキングに入って行ったかと思ったら、
そのままソノ勢いで出てきたらしいのね。
アレね、出口とパーキングを間違えたんだろうね(´゚ω゚):;*.ブッ
もうね、この時点でちょっと笑けるwwwwwww

あーんなにスピードだしてたらいつか事故るんでねぇかー?
なんて話してたらさ、タイムリーに渋滞してんのねw
うほほwww
さっきのバカが事故ったんじゃねぇの(・∀・)
なんて期待してたら、除雪中で渋滞。

あのバカが車が事故してたんじゃないかと二人とも期待していた
ようですね。
その後も何度か渋滞している箇所があったけど
どれも事故ではなくて、もうソノ事も忘れかけていた時に
また渋滞にハマる。

それがどうだ、今度こそバカがソノ車が事故起こしてたぁああああ!!
m9(^Д^)プギャー

前で二人は大盛り上がりで騒ぐ騒ぐw

ユウ「バッカでぇ、調子こいてとばしてるからこうなるだわ!」
フク「うはwwwwwwwwマジで事故してるしwwwww」
m9(^Д^)プギャー


このあたりで目が覚めて、二人ともうるせぇーのなんのって。

この車に乗車していた人も追突しちゃった人にも怪我は無かった様だけど
ホント、雪道は気をつけて運転しましょうね(;^ω^)b
スポンサーサイト

別窓 | 日記
∧top | under∨
| ねぎの匂い |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。